• ホーム
  • 当院の特徴
  • 院長紹介
  • 院内紹介
  • 医院概要

歯を白くしたい(ホワイトニング)
銀歯が気になる(審美歯科)

  • トップ
  • 歯を白くしたい(ホワイトニング)・銀歯が気になる(審美歯科)

美しく白い歯で口元に自信を

白い歯の中で目立つ銀歯。笑ったときに思わず手で口元を隠してしまった経験はありませんか? 姫路の「坂口歯科医院」の審美歯科治療ではセラミックなど自然な透明感で美しい素材の歯に入れ替え、口元に自信を取り戻すお手伝いをします。また、歯の黄ばみが気になる方はホワイトニングで若々しく清潔な口元が再現可能です。

審美歯科

現在の虫歯治療では、銀歯を入れて治療をするのが最も一 般的な方法です。銀歯の素材はパラジウム合金と呼ばれる金属で、耐久性に優れていて加工しやすく、保険が適用になるため費用が安くなるというメリットがあります。しかし一方で、銀色が白い歯の中でなじまないことや金属アレルギーを引き起こすリスクがあるなどのデメリットもあります。

審美歯科では、銀歯を見た目が自然で審美性に優れたセラミック素材などに取り換え、口元を美しく整えるお手伝いをしています。

銀歯をキレイな見た目に
メタルフリー治療

審美歯科では金属アレルギーの原因となる金属を使わない「メタルフリー治療」が可能です。金属は、長年使うことで金属イオンが溶けだし、歯ぐきが黒く変色することもあります。メタルフリー治療では、見た目も美しく、健康に害のないセラミックやレジンなどを使用します。

保険診療も承ります

コンポジットレジンは虫歯治療に使われる白い素材で、ある程度の色素調整が可能です。小さい虫歯を治療するときにはコンポジットレジンを周囲の歯の色に合わせて使います。メタルフリーで金属アレルギーの心配がなく、見た目も自然です。また、保険診療のためコストを抑えることができます。

当院の審美歯科メニュー
ジルコニアセラミック

内側に使用されているジルコニアは強度に優れて耐久性があります。また外側に焼き付けられているセラミックは見た目が自然で審美性に優れています。

メリット
  • 自然な白さと透明感で違和感がない
  • 変色しにくい
  • メタルフリーで金属アレルギーのリスクや歯ぐきの黒ずみがない
デメリット
  • 周囲の歯より硬く、咬み合う歯を傷つけることがある
  • 硬いものを食べるとセラミック部分が欠けることがある。
  • 自費診療のため治療費が比較的高額
e-max

高い強度と審美性を誇る最先端のオールセラミック素材。従来のセラミックに比べて5倍ほどの硬度があるため、安心して使えるのが特徴です。

メリット
  • まるで天然歯のような透明度と高い審美性
  • 強度に優れていて変色しにくい素材
  • メタルフリーで金属アレルギーのリスクや歯ぐきの黒ずみがない
デメリット
  • 複雑な色調を再現できないことがある
  • 奥歯のブリッジの治療には使えないケースがある
オールセラミック

透明度の高いセラミック素材を用いた人工歯。金属不使用のため、天然歯に近い自然な色調を再現できます。

メリット
  • 透明感があり、細かな色調整が可能なため、自然で周囲の歯と見た目がほとんど変わらない
  • 金属アレルギーの心配がなく、歯ぐきの黒ずみもない
  • 経年による変色・着色がほとんどない
デメリット
  • 天然歯よりも硬いため、咬み合う歯を傷つける恐れがある
  • 咬み合わせが悪い場合、適応しない場合がある
  • 自費診療のためコストがかかる
メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けて作った被せものです。美しい見た目と高い耐久性が特徴です。ただし、金属を使用しているため、金属アレルギーを引き起こす恐れがあります。

メリット
  • 金属製のフレームのため強度に優れている
  • ブリッジ治療にも使用可能
  • ほとんどの部位で使用できる
  • 色素が付着しにくく、変色も少ない
デメリット
  • 金属性のフレームのため、歯ぐきや歯が黒ずんで見えることがある
  • オールセラミックと比べると透明感で劣る
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • セラミック部分が欠けやすい
ラミネートべニア

前歯を薄く削り、表面にセラミックで作った薄い板を貼り付ける審美歯科メニューです。ホワイトニングをしなくても簡単に歯を白く見せることができます。また、すきっ歯の見た目改善にも有効です。

メリット
  • ホワイトニングで白くできない場合でもきれいにすることができる
  • 歯を削る量が少なく済む
  • 矯正治療なしですきっ歯の見た目を改善できる
  • 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • 健康な歯を削らなければならない
  • ホワイトニングに比べると高価
  • 長期で使用していると割れや剥がれが起きることがある
ファイバーコア

グラスファイバーを芯にしてレジンで成形をした被せもの用の土台です。グラスファイバー素材は天然歯に近いしなやかさを持つため、歯が割れるリスクを抑えることができます。

メリット
  • 素材に柔軟性があり、しなやかで歯が割れるリスクを抑えられる
  • 透明感があり、被せものの質感を損なわず、自然に近い仕上がりが実現できる
  • 金属不使用のためアレルギーや歯ぐきの黒ずみの心配がない
デメリット
  • 自費診療のため、保険診療に比べて高額

ホワイトニング

「気がついたら歯が黄ばんでいるような気がする」といった経験 がある方もいらっしゃるでしょう。歯は加齢とともに黄ばみます。また、色の濃い飲食物の色が移ることもあります。清潔感のある白い歯を取り戻したいとお考えなら、ホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングは歯を削らずに白くすることができます。詰めものや被せものをしていない、咬み合わせに問題がない健康な歯であれば施術が可能です。

ホワイトニングとは

ホワイトニングは歯の着色汚れを落とす処置です。加齢とともに黄ばんでしまった歯を漂白し、若々しい白い歯を取り戻すことができます。結婚式など大きなイベントに合わせて美しく口元を整えたいという方にもおすすめです。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには大きく「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。それぞれにメリットとデメリットがあり、患者さんのライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。効果が現れるのが早く、1回の処置で白さを実感できるため、煩わしさがありませんが、色戻りが早いデメリットがあります。

ホームホワイトニング

歯科医院であらかじめマウストレーを作製し、自宅でホワイトニングを行います。毎日2時間ほど装着し、自分のペースで時間をかけてゆっくりと漂白をします。白さを実感するまで1~2週間ほどかかりますが、色戻りが少ないというメリットがあります。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時進行で行います。白さをすぐに実感でき、かつ色戻りが少ないという、双方のメリットを得られますが、同時に行うため、費用が多めにかかるというデメリットがあります。

WEB診療予約

歯科医院ポータル歯科タウン