• ホーム
  • 当院の特徴
  • 院長紹介
  • 院内紹介
  • 医院概要

口腔周辺トラブルに(口腔外科)
抜けた歯の治療(インプラント)

  • トップ
  • 口腔周辺トラブルに(口腔外科)・抜けた歯の治療(インプラント)

口腔周辺のトラブルは口腔外科へ

虫歯や矯正治療のほかにも口腔内のトラブルはたくさんあります。例えば事故による外傷や、親知らずの抜歯など手術が必要になることも。そのような場合は口腔外科で治療を行います。口腔外科では専門的な知識と経験が必要です。姫路の「坂口歯科医院」では一般歯科に加え、口腔外科の診療も可能。口腔内外のさまざまなトラブルに対応いたします。

口腔外科

一般的に歯科診療の分野では虫歯や歯周病、矯正、審美な どがありますが、これ以外にも親知らずの治療や外傷、口腔癌などたくさんの病気やケガなど治療が必要です。このようなケースに対応するのが口腔外科です。口腔外科では、手術を伴う治療や専門的な処置を行い、一般歯科では治療ができないさまざまな治療に対応しています。

当院の院長は口腔外科で長年多くの患者さんを治療し、たくさんの知識と経験を積んでまいりました。これらの経験を活かし迅速で的確な診療を行うのはもちろん、患者さんへのダメージを軽減する口腔外科治療が可能です。一般歯科に加え、外科的な治療が必要なインプラント治療や親知らずの抜歯、歯周病治療など口腔外科治療も安心してお任せいただけます。

口腔外科診療の流れ

Step01

初診

初めて来院されるかたはカウンセリングを行います。お口のことで気になることを詳しく伺い、治療に対する希望や要望もお聞きします。

Step02

診査

レントゲン撮影やCT撮影など、症状に合わせて必要な診査をし、診断をします。

Step03

治療プランのご説明

カウンセリングのときに伺った希望などを取り入れ、診断結果から治療プランを提案します。

Step04

治療を開始

治療プランにご納得いただきましたら、いよいよ治療を開始します。

Step05

メンテナンス

治療が終わったら、定期的に来院していただき、メンテナンスで健康な口腔内を維持します。

坂口歯科医院の口腔外科メニュー

当院では、患者さんのお口の症状に合わせて、さまざまな口腔外科メニューをご提供しています。以下では、当院取り扱いの口腔外科メニューをご紹介します。

親知らずの抜歯

上に向かってまっすぐ生えてきている親知らずは問題ありませんが、そのように正しく生えてくるケースは比較的少なく、多くの場合は横向きや斜め向きで生えてきたり、歯ぐきに埋まったままになっていたりします。このように正しく生えていない場合、ブラッシングが行き届きにくくなり、虫歯や歯周病になりやすい状態になったり、隣の歯を圧迫して歯列を乱す原因になったりもします。こうした問題を防ぐため、親知らずの抜歯を行います。

顎関節症の治療

「顎がカクカク鳴る」「顎が痛む」「口が開けづらい」などの症状がある場合、「顎関節症」である可能性があります。顎関節症の原因には、咬み合わせの悪さのほか、食いしばり、歯ぎしり、偏ったほうでばかり食べる、などが挙げられます。生活習慣や癖など、根本的な原因を突き止め、症状を改善していきます。

再植

事故などによる外傷で歯が抜けてしまった歯を再度埋め込む処置です。事故で歯が抜けた場合のほか、虫歯の悪化により歯根の先に膿がたまったときにも再植を選択する場合があります。この場合は一度歯を抜いて、細菌に感染している箇所を消毒したあと、歯をもとに戻します。もともと自分自身の歯であるため、体になじみやすいというメリットがあります。

歯肉の移植

歯周病の悪化やブラッシングのし過ぎによる炎症で、歯ぐきが痩せてしまった場合に行われる処置です。上顎奥歯の内側から歯肉を採取して、痩せてしまった箇所に移植します。移植した箇所はもちろん、採取した箇所もしばらくするともと通りに回復します。適応できるかどうかはお口の状態によるため、歯肉の移植をする場合は、詳しい検査が必要です。

歯根端切除術

虫歯が悪化し細菌が歯の神経まで達した場合、細菌に感染した神経を取り除いたうえ、内部を洗浄・消毒したうえで新しい歯冠を被せる「根管治療」を行います。それでも症状が改善されない場合に行うのが歯根端切除術です。歯根の先にたまった膿を、歯ぐきを切開して取り除き、原因となった根の先を切除します。

小帯切除

口腔内の頬・舌・上下唇にあるヒダ「小帯」の長さや位置などに異常がみられる場合、発音や見た目が悪くなることがあるため、小帯を切除してこれらの症状の改善を図ります。

粘液のう胞の治療

唇を咬むなどした場合、粘膜下にある「小唾液腺」が傷つき、唾液が粘膜の下にたまって風船用に膨らむ症状を「粘液のう胞」といいます。自然に治るケースもありますが、再発することも多いため、手術で摘出したほうがよいでしょう。このような症状がある場合はご相談ください。

インプラント治療で本物の歯のような咬み心地を実現

歯を失った場合の歯の機能回復手段のひとつ、インプラント治 療は、自分の歯のような咬み心地や美しい見た目が再現できる治療法です。インプラントと呼ばれるチタン製の人工歯根を骨に埋め込み、その上に自然な透明感や白さを持つセラミック製の人工歯を被せます。チタンは生体親和性が高く、骨と強固に結びつくため、安定した咬み心地を実現することができます。

インプラント治療の種類

抜歯即時埋入インプラント

早急に歯を入れたい方におすすめです。歯が抜けてしまったその日のうちに仮歯を入れることができ、歯がない期間を作らずに治療が可能です。ただし、いくつかの条件があり、症例によっては適応できないこともあります。まずは一度ご相談ください。

フラップレス手術

歯肉を切開する必要がないインプラント治療です。歯ぐきを切開することなく治療が可能です。事前に詳細を検査、シミュレーションを行い、オーダーメイドでプレートを作製したものを使用します。

※症状により適用できない場合があります。

ソケットリフト

インプラントを埋め込むための歯の骨が足らないときにはソケットリフトという補助的な治療を行います。上顎洞の粘膜を専用の器具でリフトアップし骨の形成を促す薬剤を充填し、インプラントを埋入します。

サイナスリフト

ソケットリフト同様、インプラントを埋入するための骨が足りない場合に、顎の骨の厚みを確保することでインプラントの固定を行う手術です。上顎洞を覆う粘膜を剥がし、そこにできたスペースに人工の骨などを注入して、上顎洞を底上げし骨が再生した後、インプラントを通常通り埋入します。

GBR法(骨誘導再生)

顎の骨が薄く、インプラントを埋め込むのに十分でない場合、補助的な治療としてGBR法で骨の再生を誘導します。人工骨を充填後、骨が再生されるのを待ちインプラント治療を行います。

インプラントオーバーデンチャー

顎の骨にインプラントを2~6本使用し、上顎または下顎の全体の入れ歯を取り付けます。通常バネなどで固定する入れ歯をインプラントで固定することで安定感がありしっかりと固定され、快適に使用可能になります。インプラントの数も少なく、治療費や治療にかかる時間を抑えることができ、患者さんの負担を軽減します。

当院のインプラント治療の特徴

当院では信頼できるガイドシステムを採用し、高度な技術のインプラント治療を提供しています。

歯科用CTで患部の詳細を検査

歯科用CTは顎の骨の状態だけでなく、血管や神経など細かな部分を立体的に調べることができます。まずは詳細にお口の中の状態を検査します。

手術シミュレーションで正確なイメージ

CT画像をもとにコンピューターで解析します。手術シミュレーションを行い、インプラント治療に必要な高度で正確な情報を得て、より緻密な治療を提供します。

手術後のメンテナンスが重要です

インプラント治療が終わったら、そこで治療は終了ではありません。インプラントをいい状態で使い続けるためには治療後のメンテナンスがとても大切です。

インプラント周辺は「インプラント周囲炎」という歯周病のような炎症が起こりやすくなります。インプラント周囲炎は、インプラントを抜け落ちさせる危険性があります。口腔内の健康を保つためにも、定期検診でのメンテナンスは忘れずに行いましょう。

WEB診療予約

歯科医院ポータル歯科タウン